読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

こんな時「建物電気的・機械的自己特約」は支払われるの?

お家のこと

火災保険の「建物電気的・機械的自己特約」はどうなの?記事最終回です(たぶん)

ちょっと今までの記事をまとめてみると

 

moyatrail.hatenablog.com

 

 

moyatrail.hatenablog.com

 

 

moyatrail.hatenablog.com

 

 

moyatrail.hatenablog.com 

 

 

moyatrail.hatenablog.com

 

 

moyatrail.hatenablog.com

 

1か月もかかってやっとまとまるのか・・・

 

どう考えても35年も済んでいれば「故障」するであろう電気設備や機械設備。

そんな機械装置が故障した際に、ちょっとの自己負担で修理してくれるという特約。

前回の記事はどんな特約なのか聞いた内容ですが、いまいち実感がわきません。

こんなときどうなるの?と質問をぶつけてみました。

 

エコキュートの配管に穴が開いたために、その下部の制御基板を水没させるに至り故障。

この配管パイプ・制御基板を交換した場合はどうなりますか?①通常の使用において

②不測かつ突発的に穴が開き

③下部の制御基板が水没してショートを起こして故障

したのであれば、特約の適用範囲内。

まずはエコキュートにおいては①の通常の使用は問題ないでしょう。

次に②不測かつ突発的に穴が開いた要件ですが、配管が著しく経年劣化しているのかどうか?

ここが争点になりそうですが、普通に考えて水(または湯)しか通らないはず。

この内容で争点になるのは、配管が経年に対してどれくらい耐えられるか?

設計上の問題が無いか?について(メーカ責任の故障は特約の対象外)のようです。

最後に③の水没して故障は、電気機械ですから水を被って故障は、ほぼショートかと。

実際には修理時の様子などから判断されることになりますが、当初10年~15年程度の試用期間で

あれば、あまり争点にならずに手続きできそうな感じです。

 

 

太陽光発電のパワコンが電圧変換しないことによる、パワコンの交換費用は?
電圧変換しなくなった理由が、通常使用中に故障したのであれば特約の対象。

でもやはり、事故原因を個別に調査・判断するので対象外となる場合も有り。

難しい事例みたいですね。

一般にパワコンの寿命は15年らしいですが、保証期間内の故障はメーカ対応。

それ以降の場合も、時期を見てメーカ対応か特約か分かれるようです。

電動シャッターのシャフトが曲がったことによってシャッター交換となったら?
電動シャッターを通常使用中に・・・(以下略)

もう何を聞いてもこの回答になるんですね。

鍵になる考え方は、

責任を負うのはメーカーかユーザか

と考えるのが一番分かりやすいと思います。

ユーザが責任を負うべき故障(改造は除いて)について、この特約が助けてくれるようです。

メーカが責任を負うべき故障は、特約の対象外となります。

 

もちろん、保険会社がメーカが責を負うべきと判断しても、ユーザに代行して保険会社が

メーカと修理費用について交渉してくれることはありません。

保険会社がNoと言ったらNoとなる契約なので、このあたりが保険会社優位に働くため

契約者側にすると疑心暗鬼にかられるのでしょう。

 

この特約が誕生してからまだ2桁の年月が経っていませんので、問題が出てくるのも

まだ先の話なのかとは思います。

こうやって問い合わせていて思うのは、保険会社サイドも積極的に支払事例を紹介してくれれば、

もう少し安心して加入できるんですけどね(^▽^;)