読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

冬キャンのお供にアルパカTS-77Aを購入

年越しキャンプれぽの途中ですが恒例の脱線です。

冬キャンプのお供に最適&最強なのは薪ストに違いないというのは異論のないことだと思います。
f:id:moyashinet:20170128111053j:plain
たびたび当ブログでも言及していますが、圧倒的ならぬ暴力的な火力によって那須高原の氷点下な気温であってもテント内を一気に20度オーバーまで持って行ってくれます。
f:id:moyashinet:20161223092301j:plain
身体の芯から暖めてくれるので、薪ストで暖まった身体で洗い物にでかけても全く寒くありません( *´艸`)

とはいえ薪ストを使うとなると1泊以上は欲しいところで、デイキャンプ(日帰り)や庭キャンプでは扱いにくいことから、サブに灯油ストーブを使ってきました。
それが韓国のアルパカという会社の灯油ストーブTS-77でした。
f:id:moyashinet:20170130213117j:plain
最高火力2,700kcalで、トレーラーのサイドテントくらいなら軽々暖めてくれます(宴会テントには力不足です)。
今回、TS-77の後継であるTS-77Aが発売開始となったことを聞き、さっそく購入してみました。

 


発注から5日、韓国からEMSで到着しました。
f:id:moyashinet:20170130212148j:plain

箱にプリントされた見た目はあまり変わりませんが、AUTOMATIC SHUT-OFFの表現が目を惹きます。
f:id:moyashinet:20170130212149j:plain

諸元表はこちら。
f:id:moyashinet:20170130212150j:plain
灯油タンクが5L→6Lに増加、熱量が2.9kWh→3.84kWh(2,500kcal→約3,300kcakl)に向上、燃料消費量が0.25L/h→0.38L/hに増加、本体サイズはほぼ変わらずです。

さっそく開梱します。
ケース付きで購入しましたが、今回は青いケースが付いてきました。
f:id:moyashinet:20170130212151j:plain

現行型のケースは、アルパカ社のロゴがプリントから皮調ワッペンになりました。
f:id:moyashinet:20170130212152j:plain

旧モデルのケースはケース自体にプリントされていました。
f:id:moyashinet:20170130212207j:plain

変更点その2は、ショルダーベルトが追加されました。
f:id:moyashinet:20170130212154j:plain

ケースを開けて本体とご対面( *´艸`)
燃焼筒は段ボールで保護されています。
f:id:moyashinet:20170130212156j:plain

TS-77Aで追加された耐震装置。
芯を上下させるノブの位置が、タンクの上の部分に移動されました。
f:id:moyashinet:20170130212158j:plain

給油口と(アテにならない)燃料計はノブの反対側(背面)に移動されました。
f:id:moyashinet:20170130212201j:plain

輸送のためのテープはもう少し何とかならないものか・・・
毎度毎度テープの糊が残ってしまうのがちょっと気になります。
f:id:moyashinet:20170130212157j:plain

蓋を開けた感じは今までのTS-77と変わらない感じです。
ということは、今は銀色にピカピカ光っているこの縁の部分は、使っているうちに錆びさびになっていきそうな予感がします。f:id:moyashinet:20170130212159j:plain
以前のTS-77も吹きこぼししてないのに錆びまくりましたから、ここは使いながら要チェックですね。


アルパカストーブに必須なオプションは2つあります。
1つめはストーブの熱で煮炊きするための、ホームセンターコーナンで売っている七輪用ゴトクです。
f:id:moyashinet:20170130212202j:plain
先日コストコに行った際に、コーナンにも寄り道して買っておきました。

とりあえず乗っけてみた感じ。
普段は逆向きで使ってますが、そのためにはめいっぱい押し込む必要があるのでまた今度。
f:id:moyashinet:20170130212203j:plain

もう1つはテントの端っこで使うためのウインドスクリーン(風除板)です。
かつてはTS-77反射型として反射板付きモデルも売られていましたが、現在は製造されていない模様です。
f:id:moyashinet:20170130212204j:plain
来年あたりTS-77A反射型としてリリースされそうな気がしますが、まぁこんな感じの安いウインドスクリーンで十分です。

TS-77Aでウインドスクリーンを付けると、燃料計が見えにくくなるのが難点ですね。
取り付け方を工夫するか、いっそのこと諦めてしまうか・・・
f:id:moyashinet:20170130212206j:plain

うん。諦めよう(早っ)
f:id:moyashinet:20170130212205j:plain

さぁ初使用をいつにするか、今から待ち遠しい限りです( *´艸`)