もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

かじかの里公園キャンプ場

先日の信州・黒部ダム旅行では長野県安曇野市にある「かじかの里公園キャンプ場」にお世話になりました。

かじかの里公園・国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高) - 安曇野市公式ホームページ


公園入口。
f:id:moyashinet:20180719081543j:plain
まっすぐ進むと駐車場、ゲートをくぐって左に曲がるとキャンプ場です。
キャンプ場への道は袋小路になっているので、トレーラー付きで進入するのは奥にある5台分の駐車場が空いているときに限られます。

 

ランキングに参加してみました~♪
ポチってしていただけると更新の励みになります( *´艸`)
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

公園の全容。
西向きの図になっており、南北に長い公園だということが分かります。
黄色く塗られた昆虫の森ゾーンの部分がキャンプ場になっており、テントを張ることができます。
f:id:moyashinet:20180719081557j:plain

キャンプ場に車は乗り入れできませんので、駐車場の奥のほうにトレーラーを切り離して脚を下しました。
f:id:moyashinet:20180719081606j:plain

管理棟でチェックイン。
このキャンプ場の利用料はなんと大人100円、子ども50円(;゚Д゚)
なんと家族5人で2泊して700円と激安すぎるにもほどがあります( *´艸`)
ただしゴミは持ち帰りです。
f:id:moyashinet:20180719081654j:plain

こちらがキャンプサイト。
この後、日帰りバーベキューのお客さんも増えて、広場はテントやタープでいっぱいになりました。
f:id:moyashinet:20180719081711j:plain

キャンプサイト側のトイレ。
うちはトレーラーのトイレがあったから良いものの、ちょっと使うには勇気が必要…。
f:id:moyashinet:20180719081738j:plain

ちなみにトイレはもう1つ、管理棟の前にもあります。
こちらは男女別になっていて、アチラのトイレよりちょっとだけキレイ(;´・ω・)
f:id:moyashinet:20180719081756j:plain

そして公園の名前にもなっている「かじか」

こんな石像が鎮座していました(;´・ω・)
f:id:moyashinet:20180719081622j:plain

カジカは、カサゴ目カジカ科に属する魚。地方によっては、他のハゼ科の魚とともにゴリ、ドンコと呼ばれることもある。 体色は淡褐色から暗褐色まで、地域変異に富んでいる。日本固有種で、北海道南部以南の日本各地に分布する。ただし、北海道に生息するのは小卵型のみである。

カジカ (魚) - Wikipedia

なんでも以前はかじかを養殖していたとか何とかで、こんな綺麗な水の池があります。
f:id:moyashinet:20180719081641j:plain

現在は池での養殖はされていないようで、建物内で展示されていました。
f:id:moyashinet:20180719081805j:plain
f:id:moyashinet:20180719081817j:plain

なんだか可愛い( *´艸`)
なんとなくウーパールーパーに似ている気も…(*´ω`*)
f:id:moyashinet:20180719081824j:plain

アルプスの山々は見えませんが気持ちの良いキャンプ場で、2泊3日の信州旅行を満喫できるベースキャンプでした( *´艸`)
f:id:moyashinet:20180719081851j:plain

キャンプ場情報

安曇野市かじかの里公園
長野県安曇野市穂高有明 穂高北穂高2531-1
キャンプ代:大人100円、子ども50円
風呂・シャワー:無し

近所のお風呂は2か所。
我が家は値段に負けて2泊とも②のあづみ野ランドにお世話になりました(*´ω`*)
安曇野しゃくなげの湯
綺麗な温泉施設って感じ。
大人700円、子ども400円。ご飯処あり。
あづみ野ランド
隣接するごみ処理場の熱で運営する入浴施設。
大人300円、子ども200円。プールあり。