もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

ドッペルギャンガーアウトドアの薪ストーブ「はじめてのまきちゃん」の値段がこなれてて迷う

約1年前。キャンプ道具のメーカーとしても有名になってきたドッペルギャンガーアウトドアから薪ストーブがリリースされました。
その名も「はじめてのまきちゃん」
f:id:moyashinet:20171118144432j:plain
あまりに斬新なネーミングに衝撃を受け、そっとAmazonのページを閉じたのがつい昨日のように思い起こされます。

 

ランキングに参加してみました~♪
ポチってしていただけると更新の励みになります( *´艸`)
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

そんなはじめてのまきちゃんですが、Amazonで買い物していたらサジェストされて久しぶりに思い出したのですが、ずいぶんと価格がこなれています。

定価34,560円のところ、Amazonでは27,200円(プライム対象)、ナチュラムでも28,800円ほどになっています。
去年リリースされたときは3万円を切る値段は見かけませんでしたので、本格的なシーズンを前に絶好の買い時を迎えているのではないでしょうか。

冬キャンプで薪ストを使いはじめると本体の他に煙突やらガラス窓やらアレコレ買い足すものがありますが、はじめてのまきちゃんなら必要なパーツがオールインワンになっているので迷うことがないのもポイント高い(*´▽`*)
f:id:moyashinet:20171118145438j:plain

しかもキャリーバッグ(収納袋)もセットになっているので、運搬も楽だし車中に積載した際にススが舞う心配も軽減されます。
うちの長男くんは喘息持ちなので、昔使っていた薪ストは煙突はスノーボードケースに入れて運んでましたが、それでも舞ったススや灰を吸い込んで悲惨なことになりました(;・∀・)

f:id:moyashinet:20171118145812j:plain

薪ストキャンプでは耐熱窓は必須ですよ!
これがあるだけで幕内の雰囲気はグッと盛り上がりますし、何より火を見ているだけで暖かく感じられます(*´ω`*)
f:id:moyashinet:20171118150108j:plain

写真だと本体サイズが小さく感じられますが、一般的な薪がそのまま入るサイズです。
これも重要なポイントで、積載にやさしい小型の薪ストーブもありますが、一般的に売られている35cmとか40cmの薪が入らずカットする必要が出てきてしまいます。
実際にキャンプ場でカットしている人を目撃しますが、太い薪をカットするのは大変そうに見えますし、薪ストを使うこと自体が目的っぽくなっちゃってるのでホントおススメできないです。
f:id:moyashinet:20171118150223j:plain

こうやって改めてみていると結構イイじゃないか、はじめてのまきちゃん!
ちょっと欲しくなってきた( *´艸`)

うちも今の時計型薪ストーブがダメになったら次の候補に考えてみようかな(*´ω`*)
f:id:moyashinet:20170128111053j:plain
って、そう簡単にダメにならないようにって、村の鍛冶屋さんでチョイスしてもらったステンレス製の時計型ストーブだから、買い替えはまだまだ先になりそうですね(*´ω`*)
こちらもハードケースにオールインワンで収納可能(=゚ω゚)ノ
ホントこれ便利です♪
f:id:moyashinet:20161127224933j:plain