読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

韓国の屋台で活躍する灯油ストーブSHC-88を着火してみました

キャンプ道具

先日、韓国から到着したこの荷物。
週末のキャンプで開梱してきました。
f:id:moyashinet:20161218210813j:plain
ホントは武井くんが欲しかったのですが、値段的に手が出なかったのですよ・・・

 


中身はSHC-88
昇和工業という韓国の会社で作られている加圧気化式灯油ストーブです。
f:id:moyashinet:20161220094820j:plain
正面のバルブが火力調整バルブ
右側のバルブが元バルブ
右奥が加圧用のポンプハンドルです。

火力は1,700~5,100kcal/hで、同じ韓国製の灯油ストーブであるアルパカTS-77の2,500kcalhの約2倍です。
この大火力を活かして韓国の屋台などでは調理用ストーブとして使われているようです。
f:id:moyashinet:20161220134014j:plain

オプション品のストーブの上に乗せるホヤも購入。
韓国からの輸送に耐えられずちょっと凹んでしまいましたが許容範囲内です。
f:id:moyashinet:20161220134352j:plain

ストーブとホヤを合体するとこんな感じの見た目になり、我が家では「虚無僧くん」と名づけられました。
f:id:moyashinet:20161220134536j:plain

さっそく火入れです。
加圧気化式の宿命であるプレヒートはガスバーナーで行います。
ポンプハンドルを15回ほど押し込んで加圧したら、バーナーでじっくりと2~3分熱します。
f:id:moyashinet:20161220134702j:plain

火力調整バルブを半分ほど開き、元バルブをゆっくり開くと難なく着火します。
f:id:moyashinet:20161220134905j:plain

幕の中に移動させて、虚無僧くん状態で燃焼させると幕内はあっという間にぽっかぽかです。
アルパカ2台分の火力は伊達ではありません。
f:id:moyashinet:20161220135005j:plain
なお、ホヤを初めて使うときは屋外で1時間程焼くことをお勧めします。
このあとホヤに塗られていた塗料か何かが焼けたようでテント内が真っ白になり、避難を余儀なくされましたよ(^▽^;)

これで冬キャンプの暖房はアルパカ・薪ストに続いてSHC-88と3台体制になりました。
テント内がクリーンな空気で維持できる薪ストは手放せませんが、いかんせん持参する薪の量が半端なく積載がキツイことも実際ありますので、宿泊数や積載状況に応じてストーブを取捨選択していく予定です(*^▽^*)