読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

ディズニーランドに40人超を引率する企画に携わったら、若手社員との意識の差をイロイロ気付いた話

日常のこと

うちの会社には1万円ちょっと会社が出すから部署内の親睦を深める行事をやりなよ?というアリガタイ制度があります。
日曜日はこの制度を活用して、部署のメンバー&家族45人でディズニーランドに行ってきました。
f:id:moyashinet:20160913200554j:plain
当日は雨でした・・・(ノ◇≦。)

 

日曜日はの記事はコチラ


こういった企画は飲み会然り、新人さんや若手が幹事をやります。
今回もうちの後輩が幹事をやっていたのですが、日に日にお前、大丈夫か…?ってくらい元気がなくなってしまい、話を聞いてアドバイスしているうちに



幹事に引きずり込まれちゃいました∑ヾ( ̄0 ̄;ノ


幹事の子が滅入っていった大きな原因は予算と企画のルール。
確かに会社からの補助は最低限で、参加者に自己負担してもらえるのは家族のチケット分くらいとなると、企画の幅は狭くなっても仕方ないところは否めません。

それにしても、幹事連に入って話を聞くたびに気になったのは企画の進め方でした。
なんでそんなことするの?って思うことがいっぱいあって、ある意味勉強になりました。
簡単ですが、気になった意識の差を残しておこうと思います(。・ω・)ノ゙

貸し切りバスは自分で手配しよう

予算が無い無い言うのをよく聞いてみれば、最近の子は要領が良いというべきか…
某大手旅行会社に企画を丸投げしてました(;^_^A
なぜ自分でバス会社と交渉しない…orz

バス会社にどうやって連絡したらいいか分からないというので、私のほうで数社ピックアップして見積もりをとらせてみました。
貰った見積もりからどうやったら安くできるのかを伝えて交渉を繰り返し、某大手旅行会社の30%オフで手配完了(^▽^;)

ディズニーにおいて食事はあくまでサブ

部署ルールの2つ目は全員で昼食を食べること(滝汗)
あのディズニーの空間で!?と我ながら思いますが、ルールなので仕方がない。
歴代の企画ではイクスピアリに昼食開場を設けたりするなどで凌いできましたが、私が話を聞くようになった時点でイクスピアリも確保ができず、旅行代理店の提案は近隣ホテルのバンケットを借りてのランチってそりゃ高いのアタリマエだ(((( ;°Д°))))

でもそれがおかしいと思わないもんなんですね。。。
だって、旅行代理店の営業に一生懸命もう少し安くなりませんか?って交渉していたんですもの(汗)

どんな企画もそうですが、大事なのは目的を見失わないことです。
特に予算が切迫すると、予算内に収めることに目が向きがちです。

ディズニーに来る社員や家族の目的はディズニーランドを楽しむことですから、企画の目的は参加者にディズニーランドを楽しんでもらうことに他なりません。
昼食の満足度=企画の満足度ではなく、逆に昼食のせいでディズニーが楽しめなかったとなると、その企画は失敗です。

今回の企画では、普段プライベートでディズニーに来た時に昼食で困る座席の確保にアプローチすることにしました。

ランド内のザ・テラスは1000席を超える席数を持ち、朝のパレードが終わる11時過ぎまでほとんどガラガラです。
f:id:moyashinet:20160913200508j:plain
まぁ朝っぱらからハンバーガーなんて食べたくないってのがあるとは思いますが、栃木からの移動では朝が早いため、早お昼とすることで実現可能だと考えました。
座席の予約はできないため、席の確保だけは幹事連でがんばる必要がありますが、それさえ通過すれば後は帰りまで幹事の仕事から解放されるので、早お昼には幹事連にもメリットが大きいことも見逃せません。

貸し切りバスなら飲み物とおやつも手配しないとね

バスを自己手配して、昼食の予算も押さえこんだので、僅かに予算に余裕ができました。
この浮いた分を、当初の企画に入っていなかったバス内の飲み物とおやつに回します。いや、飲みたかったら自分で買ってくるっしょ?
って、友達同士の旅行じゃないんだぞ…orz
これも世代の差というものなのでしょうか(;^_^A

満足度を高める+αのオモテナシには写真がオススメ♪

当初企画では1,000円/人くらいの記念品を予定していたようですが、まぁ予算的に絶望的な額でした。
最終的に浮いた予算の残りは数千円。そんな低予算でサプライズな演出をするには、デジタル・フォトエキスプレスがぴったりです。

デジタル・フォトエキスプレスは、パーク内で撮った写真にイラストを入れてプリントしてもらえます。
Lサイズで50円/枚、2Lサイズで200円/枚くらいの値段なので、予算が許せば2Lにしておきましょう。

昼食の時間に各テーブルを回って写真を撮り、午後のアトラクションの待ち時間にプリントを頼んでおきました。
あとは帰りにカメラセンターでピックアップして、帰りのバスで配布したところ、疲れ切った参加者の顔が明るくなりました( ´艸`)

 

とまぁ、今回の企画に携わってやったことといえばこんなものでしょうか・・・ってほとんどじゃん(T▽T;)
さすがに昼食の席取りは、朝一の空いている時間のうちに1つだけでも子どもたちにアトラクション乗せてやりたかったので後から参加させてもらいましたが・・・

なんだか一部からはまた来年も・・・と言われていますが、幹事連になっちゃうと思う存分楽しめないんでもう二度とやりたくないと心底思います(x_x;)