もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

キャンピングトレーラーのジャッキパットを修理しました

キャンピングトレーラーはトレーラー単独での停泊時は、車体の中央付近に左右1~2組のタイヤと、車両先端部の3点で車を支えています。
f:id:moyashinet:20160710222436j:plain
出典:キャンピングトレーラー|エアストリーム ジャパン

 

 


このため、うっかり車両後方に乗ってしまうと、車体がウイリーしたり場合によっては尻もちをつく場合があります。
それを防止するために、車両の四隅にはコーナーステディという車体を支える安定ジャッキが存在します。
f:id:moyashinet:20160710223056j:plain
こんな感じの脚です。
写真のようにコンクリートやアスファルト上であれば問題ありませんが、土や芝地にジャッキを下ろすと、トレーラーの重みで脚が沈んでしまう場合があります。

そんな状況に対応するために、ジャッキパットという面積の広いパットを取り付け、車体の荷重を分散させるパーツがあります。
f:id:moyashinet:20160710222249j:plain

先日、不注意でジャッキパットを車両に取り付けるためのパーツを破損してしまったので、修理することにしました。
ホームセンターでM8×140mmのボルト、ワッシャー2枚、M8ナット、M8袋ナットを買ってきました。
f:id:moyashinet:20160710223550j:plain

ステンレスが良かったのですが、買いに行ったホームセンターには鉄素材しかなかったため、熱収縮チューブで保護。
f:id:moyashinet:20160710223718j:plain

f:id:moyashinet:20160710223730j:plain
ちと熱かったか・・・?
黒くなってしまいましたが、まぁどのみち汚れる場所なので気にしない(*´ω`*)

車両にくっ付けて完成。
f:id:moyashinet:20160710223808j:plain
ジャッキパット自体は4脚セットで4,000円程度なのですが、1枚売りしてもらえないので当面はこれでしのぎますかね。
パット面自体が壊れたら買い直しを考えましょうかねぇ・・・