もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

スマホを失くした(汗)と思ったらまずはAndroidデバイスマネージャー!

山形にオフ会で旅行した際に、実はスマホを紛失する騒動を起こしていました(ノД`)・゜・。
いろいろ電話して探した結果、最後に訪問したお蕎麦屋さんにあることが分かり、オフ会の幹事長さんに回収していただいたため事なきを得ましたが、気づいたのが山形からの帰りの道中だったこともあってかなり動揺しました。

f:id:moyashinet:20160702090946j:plain
無事に帰ってきた(*´ω`*)

この記事の最後に記した悲劇とはスマホの紛失です(´・ω・`)

スマホ(Android、ざっくりいうとiPhone以外)には、スマホが見つからない!失くしたかも!?盗まれた?と思ったときに役立つ機能(Androidデバイスマネージャー)が標準で搭載されています。
実際に私も今回使用してみて便利だと実感しましたので、ご紹介したいと思います。

 

Androidデバイスマネージャーとは?

使用しているスマホに紐付けているGoogleアカウントを使用して、行方不明になったスマホを以下のようにコントロールすることができます。
・位置情報を検索する
・音を鳴らす
・ロックをかける
・消去する

iPhoneでは同様(というよりも全く同じ)の機能がiPhoneを探すとして提供されています。

Androidデバイスマネージャーでできること

Androidデバイスマネジャーはパソコン版とスマホアプリ版がありますが、どちらもできることは共通です。
もちろん無料で使えますよ( *´艸`)

パソコン版はこちら
Android Device Manager

アプリ版はコチラ
Androidデバイスマネージャー - Google Play の Android アプリ

位置情報を検索する

失くした場所が全く分からない場合に有効な機能です。
スマホのGPS機能を使用するため、スマホ側でGPSが有効になっている必要があります。
多少の誤差は生じますが、置き忘れの場合などは自分が行動した範囲と比べることで、ある程度アタリを付けることができます。

これはGPSが取得できない場合の図
f:id:moyashinet:20160702085639j:plain

GPSが取得できると、現在地が表示されマップ上にピンやエリア(青い円)が表示されます。
f:id:moyashinet:20160702085751j:plain

音を鳴らす

マナーモードやサイレントモード関係なく、着信音を最大音量で約5分間鳴らすことができます。
f:id:moyashinet:20160702085808j:plain
f:id:moyashinet:20160702090130j:plain
紛失した場所のアタリはついたが見当たらない、家の中にあるはずなのに見つからないといった場合に有効です。
また、スマホが無事に見つかった場合、何かキーを押すことで音を停めることができます。

ロックをかける(遠隔ロック)

スマホの中身を覗き見られないように、ロックをかけることができます。
端末がある場所は分かったが、すぐに取りに行けないといった場合に有効です。
また、不幸にもGPSを無効にしていて位置情報を取得できない場合、メッセージを表示したり1か所だけ電話をかけられるように設定できます。

f:id:moyashinet:20160702085842j:plain

f:id:moyashinet:20160702085857j:plain
なお、スマホが圏外や電池切れの場合でも、次回オンラインになった際に自動的にロックされます。

消去する(リモートワイプ)

スマホ内のすべてのデーターを消去し、端末を初期化します。
初期化されることで、スマホとGoogleアカウントの紐付けも無くなりますので、以後Androidデバイスマネジャーからの検索・操作ができなくなるため、もうそのスマホを捨ててもいい、見つからなくてもいい!と思った時だけ使いましょう。
写真や音楽まで一切合切消えてしまいますので、スマホを定期的にバックアップしていないと復旧が本当に面倒です(経験者は語る)
f:id:moyashinet:20160702085913j:plain

f:id:moyashinet:20160702085924j:plain

Androidデバイスマネージャーは本当に使えるの?

初めて使ってみましたが、純正の機能の割りに意外と使えるな~と感じました。
こういうのって、純正の機能はあまり使い物にならないから有料のソフトを購入しないといけないというイメージを持っていましたので(^▽^;)
例として、カスペルのウイルス対策には、アンチセフト(盗難対策)の機能として上記の機能に加えて、無音でインカメラの写真撮影(盗んで操作している人に気づかれないように顔写真を撮る)することが可能です。

顔写真撮影はともかく、そのほかの機能ってAndroid純正で無料で使えるんじゃん!て感じですよね。 

スマホが見当たらなくなって初めてデバイスマネージャーを使おうとしても、焦ってうまく操作できなかったり、位置情報が応答するまでのタイムラグにイライラすることもあると思いますので、事前に動かしてみて操作感を体験しておくと良いかと思います。

それから、普段のバックアップはホント大事です。
消去って本当に消えるのかな~?と好奇心でボタンを押したことを本気で後悔しましたから。
⇒この復旧に手間取ってオフ会のレポを書けなかったという訳です(^▽^;)