もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

今さら!?DVD-R DLとDVD+R DLの違いを調べてみた

幼稚園のママ友から、園内での生活の様子を収めたDVDをお借りしたので、ダビングさせてもらうことにしました(著作権OKデス)

さっそくVIDEO studioで取り込むと、データー量が5.2GBあり唖然としました。
DVD-Rに焼けない*1じゃん・・・orz

4.7GB以上あるデーターを書き込むには、DLという規格のメディアが必要なことまでは知っていたのですが、Amazonさんで検索していたところ、DVD-R DLとDVD+R DLなるものがあり、恥ずかしながら何が違うのか分からなかったので調べてみました。

 

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

 

 

「-」と「+」の違い

規格団体が異なります。
DVD-Rなど「-」表記は「DVDフォーラム」
DVD+Rなど「+」表記は「DVD+RWアライアンス」
という団体です。

ただ、よほど古いパソコンでない限り「スーパーマルチドライブ」が搭載されていて、この規格差をデバイス側で吸収しています。
つまり今となってはあまり気にしなくていいらしい。

 

DVD-RとDVD+R

容量4.7GBと、一度だけ記録できる(追記は可能)というのは共通。
末尾のRはRecordableの意。
DVD-Rの場合、DVDプレイヤーで再生するためには「ファイナライズ」という処理が必要。
DVD-RよりもDVD+Rのほうが価格高め。

 

DVD-R DLとDVD+R DL

DLはDualLayerやDoubleLayerの略。
文字通り2つの記録層を持ち、記録容量は8.5GBとDVD-Rなどの約2倍。
ディスクへの書き込みに際しては、DLに対応している必要があるが、スーパーマルチドライブであれば対応している場合が多い*2
DVD-R DLの場合、DVDプレイヤーで再生するためには「ファイナライズ」という処理が必要なのは一層式と共通。
価格も「-」よりも「+」のほうが高め。

 

(番外編)DVD-RWとDVD+RW

記録層が1層で、書き込み容量は4.7GB。
RWはReWritableの意であり、1,000回以上の書き換えが可能。
DVD-Rとは異なり、DVD-RWではファイナライズを行わなくてもDVDプレイヤーで再生することができる。
DVD-RやDVD+Rよりも、耐光性があるものの熱に弱く、反射率が低いこともあり、長期保存には向かない。

 

(番外編)CPRM対応とCPRM非対応のディスク

CPRMとは

Content Protection for Recordable Media の略。
「コピー・ワンス(1世代だけ録画可能)」の番組を録画する時に使われるコピー制御方式である。
出典:CPRM - Wikipedia

かいつまんで言うと「地デジやBSをDVDにダビングする場合はCPRMに対応したディスクが必要」ということらしい。

 

結局、どれを買うのが良いのか?

安価なDVD-RまたはDVD-R DLで充分です(^▽^;)
一層と二層(DL)でも価格差がありますので、容量に応じて使い分けようと思います。
地デジを録画することもないのでAmazonさんで下のDLメディアを買ってみました。

DVD-R 

手持ちでメディアがあるので、買うならこれかな~?

10枚、ケース入りで1,480円。

地デジを録画することもないので…と言いながらコレを選択したのは、こっちのほうが値段が安いから(^▽^

DVD-R DL 

やはりDLメディアは割高ですね。

太陽誘電製 That's DVD-Rデータ用 8倍速8.5GB 片面2層ワイドプリンタブル スピンドルケース10枚入 DR-85WWY10BA
 

こちらは順当にデーター用ディスクのほうがお安く、10枚スピンドルで1,880円。

50枚入りスピンドルで8,000円くらいなので、4.7GB以上のデーターをいっぱい焼くようになったらそっちでもいいかな?

 

さて、到着が楽しみです。

 

*1:手持ちのDVD-Rは容量4.7GBなので、1枚に入りきらないのです

*2:私が使ってい10年前の装置も対応していたのにはビックリ