読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

(更新版)アウトランダーPHEVでキャンピングトレーラーけん引時の燃費

キャンピングトレーラー

アウトランダー PHEVでキャンピングトレーラーをけん引した際の燃費(更新版)です。
先日upしたコチラの記事で、自分で読み返してみても分かりにくい部分があったので修正です。

アウトランダーPHEVでキャンピングトレーラーけん引時の燃費 - もやしさん家のもやもやな生活


ヘッド車はアウトランダーPHEV(14型)*1
トレーラーはキャラベルエア社のアンタレス426という重量750kgの車種です。
f:id:moyashinet:20160215231953j:plain 

ランキングに参加してみました~♪
ポチってしていただけると更新の励みになります( *´艸`)
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

アウトランダーPHEVの燃費のカタログ値は?

アウトランダーPHEVは、専らエンジンで発電した電気で駆動します*2
このため、カタログ上のいわゆる燃費はハイブリッド燃料消費率の欄の数字となります。
我が家の車の場合、18.6km/Lがカタログ値になります。 

アウトランダーPHEVの普段乗りの燃費はどれくらい?

郊外のバイパスや田舎道を60km/hで流す場合、およそ14~15km/L*3です。
高速道路の場合は、100km/hでクルーズコントロールをセットして12~14km/Lです。 

アウトランダーPHEVでトレーラーけん引時の高速道路での燃費は?

満充電で栃木県をスタートし、山形のガソリンスタンドまで288km走行しました。
キャンピングトレーラーけん引時の法定速度である80km/hでクルーズコントロールをセットしての移動です。
給油量は34.76Lで、8.28km/Lとなりました*4。 

アウトランダーPHEVでトレーラーけん引時の一般道での燃費は?

復路の充電は空っぽで山形県をスタートし、栃木県まで290kmでした。
給油量は29.08Lで、惜しくも燃費は10kmに届かない9.97km/Lでした。

まとめ

その後もトレーラーをけん引して移動する場合は

高速移動の際は8~8.5km/L
バイパスや一般道での移動は9~10km/L
の数字で落ち着いています。

参考までに、高速道路はスピードを出せば出すほど燃費が激悪になります。
実験では110km/L程度で走行したら6km/L程になりました(300kmもたずにガス欠でシステムダウンしましたので、複合燃費として6km/L程度)
それ以来、80km/hでの定速走行に落ち着いています。

ガソリンタンクが小さい(45L)こともあり、長距離の移動ではちょこちょこ給油する手間がかかるのもストレスです。
もっとも、大きい燃料タンクにすると、その分燃費も落ちますので、普通にアウトランダーを乗る人には全く恩恵が無いことや、アウトランダー単体では400km以上は走れることを考えれば、全体最適な設定になっていると考えられるわけです。

なお、アウトランダーPHEVは2015年にモデルチェンジ(15型)しており、燃費等が改善されています。
EV走行可能距離*5:60.8km(60.2kmから改善)
ハイブリッド燃料消費率:20.2km/L(←18.6km/Lから改善) 
ただ、15型にお乗りの人の話では、普段の燃費はほとんど変わらないことを聞きました。
15型でトレーラーをけん引している人の話を聞けていませんが、あまり変わらない値か、もし良くなっているとしたら普段乗りの燃費の6割程度と見ておけば間違いないのではないか?と推測しています。

*1:2016年現在販売されている15型は、もう少し燃費等が改善されています

*2:一定の条件ではエンジンの力で走ることもあります

*3:燃費走行に気をつかわない場合

*4:バッテリ満充電スタートした分、ちょっと良い値です

*5:満充電の状態で走行できる距離