読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやしさん家のもやもやな生活

育児とキャンプとキャンピングトレーラーのブログ♪

アイアングリルテーブル(IGT)の天板を自作しました

キャンプ道具-IGTとその自作記事 キャンプ道具

スノーピークのIGTに手を出してしまったというのは先日の記事。

記事中にも書きましたが、このフレーム 

f:id:moyashinet:20151208080218j:plain

 

箱を開けると本当にフレーム(枠)だけ(汗) 

f:id:moyashinet:20151208080223j:plain

 

ちゃんとしたテーブルにするには、天板を用意する必要があります。

純正品だとステンレスか竹集成材から選びます。

ウッドテーブルS竹・・・2,700円

リッドトレー1ユニット・・・3,200円

それぞれ1ユニット(幅25cm)あたり。

フレームのサイズによってユニット数が変わり、例えば上記のフレームは4ユニットありますので、4つ必要。

 

現実的に、キャンプ用のテーブルだけにお金をつぎ込むわけにもいきません。

ということで、早速IGTの天板の自作に取り掛かりました。

 

 

材料

シナベニヤ

スノーピークの木製天板(ウッドテーブル)は竹集成材です。

なかなか手ごろな価格で調達でき無さそうなので、ホームセンターでも売られているシナベニヤを使います。

私の場合、木材の自力カットに自信が無かったのと、ホームセンターのカット料金を加えた価格とに差が無かったため、楽天で購入しました。 

指定サイズにきっちりカットして、自宅まで届けてくれます♪

サイズは252mm×362mmで指定しました*1

カット料金は無料です( ´艸`)

 

ニス

シナベニヤをそのまま使うと、食べこぼしや油はねでシミになってしまいます。

そのためニスで保護します。

和信ペイントの油性つや消しクリアーを使いました。

和信ペイント 油性ニス つや消しクリヤー  0.7L

和信ペイント 油性ニス つや消しクリヤー 0.7L

 

夕方注文して、翌朝納品。

Amazonプライム最高です(笑)

 

紙やすりとはけ 

いつもの100均ダイソーで調達しました。

 

ニスを入れる容器

ちょうど綿棒(200本入り) を使い切ったので、この入れ物を流用しました。

 

加工

表面を整えます

モクザイヤから納品されたシナベニヤを並べ、表面を軽くやすりがけします。 

f:id:moyashinet:20151211081338j:plain

 

角を丸めます 

写真はニス塗りを始めた後ですが、やすりで角を丸めます。 

f:id:moyashinet:20151211081402j:plain

なんとなくの見た目アップを狙います。

 

ニスを塗ります 

ニスを塗る面は、裏と表と木口と計6面あります。 

f:id:moyashinet:20151211081422j:plain

サラリーマン工作なので、「表面+木口の日」と「裏面の日」と1日ごとに塗り重ねていきました。

最終的に表面が4回、木口3回、裏面2回塗りました*2

ニス塗り後のひと手間

ニス塗りの翌朝、塗った面を紙やすりで整えました。

f:id:moyashinet:20151211081415j:plain 

こうすることで、表面のざらつきを抑えられるようです。

 

完成

約1週間かかりましたが、完成です。

f:id:moyashinet:20151208080248j:plain

実際に費やした時間としては、ニス塗りとやすり掛けの2手間。

それも、出勤前の15分×7日程度なので、ほとんどがアイドル時間になりますね。

 

早いところ完成した天板のお試しに出掛けたいところです(*^▽^*)

*1:公式サイズ(25cm×36cm)だと、少し隙間があるらしい

*2:当然、きっちり同じ回数塗るほうが好ましいですが、だんだん適当になっていきました